食事の工夫だけじゃダメ?糖質制限ダイエットを長く続けると筋肉が減っていく理由

糖質制限ダイエットをある程度長く続けるのなら、多少の運動をするほうがいい場合もあります。ほとんどからだを動かさないでいると、代謝が落ちるばかりか筋肉まで分解されやすくなるからです。ただし激しい運動は逆効果になります。かるく汗をかく程度の運動を週に数回続けることが、期間にかかわらず糖質制限ダイエットを成功させるコツです。

糖質制限ダイエットとは、炭水化物をひかるだけで、運動はまったく必要のないダイエット法だといわれることがよくあります。糖質のもとになる主食や甘いお菓子を制限するだけでも、体重がある程度は減少することはたしかです。

ただその状態を長く続けていると、筋肉が少しずつ細くなっていくことは避けられなくなります。

肉や魚をじゅうぶんに食べていいダイエット法なので、糖質制限では筋肉が比較的落ちにくいことはまちがいありません。血糖値維持ために筋肉の一部は分解されていきますが、からだのなかにある豊富なタンパク質のおかげで筋肉合成も同時におこるからです。

しかしさかんな筋肉合成のためにはじゅうぶんな基礎代謝が必要です。よほど上手に食事管理をしないと、からだの基礎代謝を長期間維持しつづけることはできません。長期間のダイエットをしていると、低くなった基礎代謝の影響をうけて筋肉合成まで停滞する可能性がじゅうぶんにあります。

適度な運動をとりいれると、長い間でも基礎代謝を高く保ちながらきれいな筋肉を維持することが可能です。有酸素運動をすれば代謝があがりますし、筋トレをすると刺激をうけて筋肉合成がすすみます。

この場合はげしい運動は必要ありません。週に2、3回、30分程度のランニングをしたり、1時間程度のランニングをするだけでもじゅうぶんです。筋肉を刺激するためにヨガやストレッチをしてもいいですし、筋トレとしてスクワットや腕立て伏せをとりいれてもいいでしょう。

糖質制限ダイエットを長期間続けるのなら、軽い運動を取り入れることがお勧めです。運動を適度にとりいれていると、基礎代謝を維持し筋肉も落とさないで減量ができます。ダイエットをしてもリバウンドをしたりやつれたりしては意味がありません。きれいな筋肉をつけながら糖質制限ダイエットを成功させましょう。