健康と美容にリスクあり?ストイックすぎると逆効果な糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットを成功させるにはあまり極端になりすぎないことがじつは大切です。糖質を残らずカットした食生活を続けると、からだの基礎代謝が落ちてさまざまな悪影響があらわれます。基本的な糖質制限のルールを守ることは大切ですが、食事に含まれる少量の糖質なら気にしないくらいの気持ちの余裕をもちましょう。

ダイエットのために糖質制限が役に立つのは、この栄養素はからだにとってエネルギー源だからです。糖質制限で食事から補給するエネルギーが足りなくなると、からだに蓄えられている脂肪がエネルギーとして使われます。これが糖質制限ダイエットで体脂肪が減って痩せるメカニズムです。

とはいえ血中の糖質があまりにも不足すると、かえって痩せにくくなることはよく覚えておきましょう。からだが飢餓状態だと脳は勘違いをするからです。

飢餓モードになると、からだ全体のエネルギー消費を抑えるように脳は調節します。これは飢饉などでじゅうぶんな食べ物がないときにひとのからだが自然に身につけてきた安全装置のようなものです。生命の危機を乗り切るために、脳はからだを省エネモードにして新陳代謝を大きく落とします。

からだの新陳代謝能力が低くなると、健康面でも美容面でも悪影響があらわれます。まずどんなにダイエットをしてもやせにくくなります。体脂肪を燃やしてエネルギーに代える能力も低くなるからです。リバウンドの可能性も高くなります。それだけでなく冷え性になったり肌にたるみがでたり毛髪が抜けやすくなったりします。新陳代謝を落とすほどのストイックな糖質制限はからだにとってマイナスでしかありません。

糖質制限ダイエットを健康的に成功させるには、あまりストイックに考えないことも大切です。主食のごはんやパンを食べない、あるいは食べ過ぎないことだけ気をつけていればこのダイエット法はじゅうぶんな効果があります。

肉や野菜料理のなかに含まれる少量の小麦粉などの糖質にまでは気にすることはありません。たとえばカレールーなどです。これくらいなら食べてもダイエットの邪魔にはなりません。むしろ栄養バランスを適度に保ち、からだの新陳代謝を落とさないために、料理中の少量の糖質は役に立つことを覚えておきましょう。

ダイエットに夢中になりすぎて、健康や美容によくない影響がでては意味がありません。ある程度ゆるめに食事制限をすることがこの方法を成功させるカギです。からだに害になるため厳しすぎる糖質制限には注意しましょう。