糖質制限食は危険!糖尿病のひとがこのダイエットをやってはいけない理由

糖質制限ダイエットは、減量だけでなく健康回復効果も高いといわれています。とはいえすでに持病をもっているひとには、糖質制限を軽々しく勧めることはできません。とくに糖尿病を医師に指摘されているひとは注意しましょう。自己判断で糖質制限食を続けると、腎臓を傷めるなどかえって健康を損なう可能性もあります。

多くの糖尿病患者はすでに腎臓疾患をもっています。高血圧などの影響でネフロンが傷み、腎臓機能が低下していることが多いです。残っているネフロンを守るには、食事を低タンパク質の内容に制限することが大切です。

糖質制限では、主食を控える代わりに肉や魚などのタンパク質を多めに摂ります。このダイエット法の場合、食事内容がタンパク質過剰になることは避けられません。高タンパク食は腎臓に大きな負担をかけます。これが糖尿病患者に糖質制限ダイエットをかんたんに勧めることができないもっとも大きな理由です。

もっとも糖尿病予備軍とよばれるひとたちにとっては、糖質制限食はたいした問題ではないこともあります。腎臓に障害がまだ出ていないのなら、タンパク質を少し多めに摂っても体調を崩す心配はないからです。将来体調がさらに悪化して糖尿病に進むまえに、糖質制限で肥満を解消しておいてもいいでしょう。

ただし1度でも糖尿病予備軍といわれたひとは、糖質制限をするまえに医師に相談することをお勧めします。初期の糖尿病はほとんど自覚がありません。気づかないうちに病状が進行し、糖尿病性腎症をすでにわずらっていることもあります。糖尿病の心配のあるひとが、自己判断で糖質制限を勝手にすることはあまりにも危険です。

糖尿病のひとの食事による体調管理はかんたんではありません。医師か栄養士に相談して、糖質とタンパク質量を控えめにできるメニューを紹介してもらうことがお勧めです。安易な糖質制限を続けて、糖尿病を進行させないようにくれぐれも気をつけましょう。

糖質制限で部分痩せはムリ!集中的にどこかをスリムにしたい場合はほかの方法を

糖質制限ダイエットでは部分痩せはできません。このダイエット法は全身の体脂肪を減らすうえでは効果的です。とはいえこの方法では、気になるところを集中的に細くすることはできません。部分痩せをしたいときは、筋肉トレーニングやエステなどなにかほかの方法との併用が必要となります。

糖質制限をすると、からだに蓄えられていた脂肪細胞が分解されてエネルギーに代わるようになります。これが糖質制限で痩せるメカニズムです。とはいえ気になるところの脂肪から先に分解されるとはかぎりません。全身の脂肪がまんべんなく分解されることを促す方法が糖質制限ダイエットだからです。

全身の脂肪を減らしてメタボを解消したい、血糖値を下げて健康維持をしたいというひとには、糖質制限はとても効果の高いダイエット法です。ですがお腹だけ、二の腕だけ、太ももだけを痩せさせることはできません。どんなに長期間がんばっても、糖質制限では部分痩せは実現しないことは覚えておきましょう。

糖質制限ダイエットがお勧めなのは、標準体重をオーバーしているひとなどです。全身をスリムにする効果はあるので、糖質制限を続けると見た目の印象をがらりと変えることができます。それだけでは物足りないひと、プロポーションをさらによくしたいひとは、糖質制限と合わせて気になる部分を細くするための別の方法を用いるといいでしょう。

たとえば気になる箇所の筋肉トレーニングやストレッチなどを合わせることがお勧めです。筋肉に適度な負荷をかけると、その部分の筋膜が引き締まり細くなる効果があらわれます。ストレッチには血流とリンパ液の流れを促す作用があります。続けることで老廃物がなくなり、部分的にサイズダウンさせることが可能です。

糖質制限である程度痩せたら、途中からエステを併用して部分痩せをさらにめざしてもいいでしょう。エステの技術のなかには、脂肪細胞自体に働きかけて部分痩せを実現させるものもあります。たとえば脂肪冷却は、まさに部分痩せに特化した減量法です。脂肪冷却の口コミをみると、安全性が高くリバウンドもしにくい技術であることがわかります。

標準体重なのに部分的に太い箇所があって困っているというひとには、糖質制限ダイエットは意味はほとんどありません。部分痩せをしたいひとは、筋トレやストレッチを地道にがんばるか、あるいはエステに何度か通うかを選びましょう。最短で最高の結果を手に入れるには、自分に合ったダイエット法をさいしょに正しく選択することが大切です。

じつはリバウンド率の高い糖質制限ダイエット!主食の置き換えが成功のポイント

糖質制限ダイエットでは炭水化物をかなりカットしなければいけません。とはいえほとんどのひとは主食が大好きです。たがてストレスが積もり、ある日突然ご飯やパンをドカ食いする衝動が爆発することになりかねません。リバウンドを防ぐには、炭水化物含有量の少ない別の食品で主食を置き換えると効果的です。主食への欲求もある程度満たすことで、糖質制限ダイエットは成功する確率が高くなります。

摂取する炭水化物が少なくなるとイライラするのは当然です。この大切な栄養素をひとのからだは欲しがるようにプログラミングされています。炭水化物から得られる糖質は、脳にとって欠かせないエネルギー源だからです。ご飯やパンなどの主食を食べたいという欲求は、意外なほど強いのが現実です。

食事全体の量は同じでも、主食がなくて物足りない思いをするダイエッターは少なくありません。ストレスがたまり、目標体重達成後に炭水化物をまえよりも多く食べるようになるひともいます。主食を摂る満足感をある程度満たしておかなければ、ダイエット自体失敗したりリバウンドでさらに太るという結果に終わりかねません。

主食への欲求をじょうずにコントロールするには、パンやパスタなどを別の炭水化物食品に置き換えるとうまくいきます。主食と同じような食べ応えがあり、炭水化物をあまり含まない食品で置き換えることが理想です。

たとえばキヌアという食品は、糖質制限ダイエット中に主食代わりに食べることをお勧めできます。

キヌアは一見穀物のようですが、じつは野菜に分類される食品です。だから、お米の4分の3しか糖質を含みません。ゆでると量がふくらむので、じっさいには少量でも満足できます。調理後のキヌアをお茶碗1杯分食べても、白米を食べたときの半分ほどのカロリーです。

麺類が好きなひとは、パスタやうどんの代わりに春雨を使うといいでしょう。

春雨に含まれる炭水化物は少なくありません。しかし春雨は低GI食品です。炭水化物の分解がとてもゆっくりで、糖分の吸収が抑えられるものを低GIとよびます。低GI食品に含まれる糖質は脂肪に変わりにくいので、ダイエット中でもお勧めできます。食べすぎはよくありませんが、ストレスをためないためには少量の春雨を食事に取り入れ、スープパスタのようにしていただいてもいいでしょう。

食事量は同じだから、炭水化物を減らしてもつらくないというのはさいしょだけです。主食も食べたいという欲求を適度に叶えてあげましょう。ダイエット向きの食品でじょうずに置き換えれば、制限中でも主食の味わいを楽しみ、リバウンドしないダイエットができます。

糖質制限ダイエットでリバウンド?さいしょの2、3週間が成功のカギ

糖質制限は効果が出るまでに少し時間がかかるダイエット法です。すぐに結果を求めるひとにはこのダイエット法は向きません。失敗を防ぐには、体重の減り始める時期を理解し、あせらず気長に取り組むことが大切です。あせって厳しい制限をはじめると、リバウンドでかえって太ってしまうリスクが高くなります。

体重に変化のあらわれるのは、糖質制限を始めてから約2、3週間後です。それまでは変化はほとんどないと考えるほうがいいでしょう。ここで焦ってやり方を変えてはけっしていけません。ひとたび体重が落ち始めると、最初の1、2ヶ月で大きな成果が得られるのが糖質制限ダイエットです。

このダイエットで失敗してしまうのは、さいしょの2、3週間をがまんできないひとです。このままではダメだと思ってさらに厳しい糖質制限を試し始めたりするひとがいます。糖質をあまりにも少なくすると、飢餓状態だと脳が勘違いをして食べたいという欲求を強く感じるようになります。こうなるとやがてドカ食いでリバウンドまっしぐらです。

さいしょの2、3週間は、けっして無駄な時間ではありません。からだが脂肪を燃やす準備を整えている期間です。糖質制限のおかげで、血中のよぶんな糖質はこの期間にほぼなくなります。この時期を通り越して糖質制限を続けることで、いよいよ脂肪細胞の分解が始まります。

糖質制限ダイエットを成功させるうえで第1に大切なことは、すぐに効果があらわれるとは思わないことです。むしろ地道に時間をかけて取り組むやり方だと覚えておきましょう。効果がみえはじめても、体重はゆるやかに減少していくのが糖質制限ダイエットです。

第2に大切なのは、途中で糖質制限をかってに厳しくしないことです。糖質は脳にとってエネルギー源でもあります。この栄養素の摂取量がゼロに近づくと、食べたいという欲求はおさえきれないほど強くなります。

少しでも早く減量したいという思いに負けてはいけません。時間をかけて体質を整え、ゆるやかに体重を減らすのが糖質制限ダイエットの目的だと覚えておきましょう。さいしょの2、3週間をじょうずに乗り切ることで、リバウンドのリスクを大きく下げることができます。

食事の工夫だけじゃダメ?糖質制限ダイエットを長く続けると筋肉が減っていく理由

糖質制限ダイエットをある程度長く続けるのなら、多少の運動をするほうがいい場合もあります。ほとんどからだを動かさないでいると、代謝が落ちるばかりか筋肉まで分解されやすくなるからです。ただし激しい運動は逆効果になります。かるく汗をかく程度の運動を週に数回続けることが、期間にかかわらず糖質制限ダイエットを成功させるコツです。

糖質制限ダイエットとは、炭水化物をひかるだけで、運動はまったく必要のないダイエット法だといわれることがよくあります。糖質のもとになる主食や甘いお菓子を制限するだけでも、体重がある程度は減少することはたしかです。

ただその状態を長く続けていると、筋肉が少しずつ細くなっていくことは避けられなくなります。

肉や魚をじゅうぶんに食べていいダイエット法なので、糖質制限では筋肉が比較的落ちにくいことはまちがいありません。血糖値維持ために筋肉の一部は分解されていきますが、からだのなかにある豊富なタンパク質のおかげで筋肉合成も同時におこるからです。

しかしさかんな筋肉合成のためにはじゅうぶんな基礎代謝が必要です。よほど上手に食事管理をしないと、からだの基礎代謝を長期間維持しつづけることはできません。長期間のダイエットをしていると、低くなった基礎代謝の影響をうけて筋肉合成まで停滞する可能性がじゅうぶんにあります。

適度な運動をとりいれると、長い間でも基礎代謝を高く保ちながらきれいな筋肉を維持することが可能です。有酸素運動をすれば代謝があがりますし、筋トレをすると刺激をうけて筋肉合成がすすみます。

この場合はげしい運動は必要ありません。週に2、3回、30分程度のランニングをしたり、1時間程度のランニングをするだけでもじゅうぶんです。筋肉を刺激するためにヨガやストレッチをしてもいいですし、筋トレとしてスクワットや腕立て伏せをとりいれてもいいでしょう。

糖質制限ダイエットを長期間続けるのなら、軽い運動を取り入れることがお勧めです。運動を適度にとりいれていると、基礎代謝を維持し筋肉も落とさないで減量ができます。ダイエットをしてもリバウンドをしたりやつれたりしては意味がありません。きれいな筋肉をつけながら糖質制限ダイエットを成功させましょう。

タンパク質は1日3食!筋肉を落とさない糖質制限ダイエットのやり方

糖質制限ダイエットを成功させるには、タンパク質を欠かさず摂ることが大切です。タンパク質まで制限すると、からだの筋肉はみるみる落ちていきます。筋肉の少ないからだでは締りがないばかりか、リバウンドしやすい体質になる危険があります。

糖質制限ダイエットとは、主食とお菓子を制限する健康法です。そのほかはあまり厳しいルールはありません。ただタンパク質を意識して食べることだけは覚えておかなければいけません。タンパク質は筋肉をつくる源になる大切な栄養素です。筋肉を損なうとからだは締まらずくびれもできません。筋肉の新陳代謝も落ちるので、すぐにリバウンドする太りやすい体質になるばかりです。

主食をカットするときに、肉や魚料理の副食まで減らしているひとはいませんか?ダイエットが思うように進まなくなると、食事全体のボリュームまで減らしてさらなるカロリーダウンをしようとするひとがかならずいます。これは逆効果です。糖質といっしょにタンパク質まで減らしてしまうと、脂肪のまえに筋肉が減ってしまうからです。

ひとのからだには糖新生というはたらきがあります。これは、血中の糖分が少ない状態が長く続くと、筋肉を分解して血糖値を上げようとする脳の機能のことです。糖新生の作用で、糖質制限をしているあいだは、筋肉はどんどん分解されていくということを忘れないようにしましょう。筋肉の減少をとめるには、タンパク質はたえず補給し続けなければいけません。

とはいえタンパク源として肉ばかり食べ過ぎることも問題です。それでは生活習慣病のリスクを高めることになります。大切なことは、からだにとって必要量のタンパク質を、1日3回に分けて毎食摂ることです。

目安となる自分のタンパク質必要量を覚えておきましょう。1日の必要量は、体重1kgあたり1gだと一般にいわれます。体重40kgのひとなら40g、50kgのひとなら50gのタンパク質を1日3回に分けて摂ることが理想です。よくわからないときは、毎食スマホ1台分くらいの大きさの肉、魚、大豆製品を摂ればいいと考えておきましょう。

糖質制限ダイエットでは、タンパク質は意識して摂らなければいけません。ただし食べすぎるのではなく、適量を毎食摂ることが大切です。リバウンドのないからだ、引き締まったくびれのあるからだを手に入れることこそダイエットの目的。糖質制限ダイエット成功のために、最低限守るべきルールとしてこのことはおさえておきましょう、

健康と美容にリスクあり?ストイックすぎると逆効果な糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットを成功させるにはあまり極端になりすぎないことがじつは大切です。糖質を残らずカットした食生活を続けると、からだの基礎代謝が落ちてさまざまな悪影響があらわれます。基本的な糖質制限のルールを守ることは大切ですが、食事に含まれる少量の糖質なら気にしないくらいの気持ちの余裕をもちましょう。

ダイエットのために糖質制限が役に立つのは、この栄養素はからだにとってエネルギー源だからです。糖質制限で食事から補給するエネルギーが足りなくなると、からだに蓄えられている脂肪がエネルギーとして使われます。これが糖質制限ダイエットで体脂肪が減って痩せるメカニズムです。

とはいえ血中の糖質があまりにも不足すると、かえって痩せにくくなることはよく覚えておきましょう。からだが飢餓状態だと脳は勘違いをするからです。

飢餓モードになると、からだ全体のエネルギー消費を抑えるように脳は調節します。これは飢饉などでじゅうぶんな食べ物がないときにひとのからだが自然に身につけてきた安全装置のようなものです。生命の危機を乗り切るために、脳はからだを省エネモードにして新陳代謝を大きく落とします。

からだの新陳代謝能力が低くなると、健康面でも美容面でも悪影響があらわれます。まずどんなにダイエットをしてもやせにくくなります。体脂肪を燃やしてエネルギーに代える能力も低くなるからです。リバウンドの可能性も高くなります。それだけでなく冷え性になったり肌にたるみがでたり毛髪が抜けやすくなったりします。新陳代謝を落とすほどのストイックな糖質制限はからだにとってマイナスでしかありません。

糖質制限ダイエットを健康的に成功させるには、あまりストイックに考えないことも大切です。主食のごはんやパンを食べない、あるいは食べ過ぎないことだけ気をつけていればこのダイエット法はじゅうぶんな効果があります。

肉や野菜料理のなかに含まれる少量の小麦粉などの糖質にまでは気にすることはありません。たとえばカレールーなどです。これくらいなら食べてもダイエットの邪魔にはなりません。むしろ栄養バランスを適度に保ち、からだの新陳代謝を落とさないために、料理中の少量の糖質は役に立つことを覚えておきましょう。

ダイエットに夢中になりすぎて、健康や美容によくない影響がでては意味がありません。ある程度ゆるめに食事制限をすることがこの方法を成功させるカギです。からだに害になるため厳しすぎる糖質制限には注意しましょう。

肉の食べすぎはNG!間違った糖質制限ダイエットは動脈硬化をまねく

間違った糖質制限ダイエットを続けることで健康を損なう可能性があります。意外なことに、動脈硬化や高血圧などが進行して生活習慣病につながることすらめずらしくありません。おなかを満たすために、肉料理などを必要以上に食べるやり方は厳禁です。

糖質制限ダイエットとは、エネルギーになりやすい炭水化物や糖分をカットする減量法です。糖質がなくなる分だけ摂取カロリーは確実に減ります。肥満になる最大の原因はカロリーの摂りすぎです。カロリーの高い糖質を大きく制限するこの方法は、とても合理的なダイエット法だといえます。

ただ最近では、糖質制限ダイエットを続けたせいで生活習慣病予備軍だと診断されるケースがでてきました。とくに目立つのは高血圧や動脈硬化の進行です。こうした事態は、糖質以外の栄養素をバランスよく摂らないことでおこります。

糖質制限ダイエットのやり方は基本的にとてもシンプルです。炭水化物が中心になる主食を食事のなかから抜きます。あとはとくに食べていけないものはなく、肉、魚、豆、野菜などは食べても大丈夫です。

とはいえ主食以外の料理をなんでも無制限に食べていいわけではありません。肉、魚と野菜を、あくまでバランスよく食べることが健康をたもつうえでは重要です。

糖質制限ダイエットで健康状態が悪化するひとの多くは、ご飯などの主食の代わりに肉類をおなかいっぱい食べています。こうした食事では、肉由来の動物性タンパク質や油脂が過剰になる反面、野菜が慢性的に不足することはさけられません。結果的にコレステロールが血中に増え、生活習慣病につながる動脈硬化や高血圧がひきおこされます。

糖質制限ダイエットは、主食以外は好き勝手に食べていい食事法ではありません。肉、魚、豆、野菜などの食材をバランスよく食べ続けることが大切です。そうでなければからだの機能は正常にはたらかず、減量はできても内臓や血管を傷めることになります。このダイエットを成功させるには、主食抜きという手軽さにばかり気をとらわれないことが重要です。